企業が直面するテクノロジーにおける最大の課題の一つは、複数のクラウドサービスやプロバイダ、オンサイトのデータセンター、エッジシステム、その他のコンポーネントを含む、複雑化する環境を管理することです。 新しく生まれたソリューションは、クラウド管理データ、エッジシステム、オンプレミスのインフラストラクチャを活用し、環境の全体像を把握し、ビジネスワークロードのフローを改善し、コストを削減し、プロセスを合理化するための提案を行うオーケストレーションツールです。 デジタルプラットフォームコンダクター(DPC)は、ガートナーがこれらのツールを説明するために作った造語です。 デジタルプラットフォームコンダクターとは 「デジタルプラットフォームコンダクター ツールは、アプリケーションやデジタル製品の基盤となる技術やサービスを計画、実装、運用、モニタリングするために使用されるハイブリッドのデジタルインフラストラクチャ管理ツールを調整します」と、ガートナーのリサーチ部門バイスプレジデント、ロジャー・ウィリアムズ氏は言います。 DCPによって、インフラストラクチャと運用のリーダーは「使用されている環境やその所有者に関係なく、インフラストラクチャとそのビジネス価値への貢献を包括的に把握することができます。これにより、戦略的意思決定へのインプットが提供され、インフラストラクチャから最適な価値を得ることができます」とウィリアムズ氏は説明します。 DPCツールは、モニタリングシステム、ITサービス管理(ITSM)、クラウド管理、セキュリティ ツールなど多くのソースから情報を収集し、企業インフラの首尾一貫したビューを作成するとウィリアムズ氏は言います。 「このデータにより、企業の目標や制約に関する情報が提供されるとともに、DPCツールがワークロードの配置を改善するための有望な領域を特定できるようになります」とウィリアムズ氏は語ります。そして、DPCツールは「統一された入力のセットを、意図した効果を実現するために必要な他の管理ツールに接続する」ことによって、改善点の実装を支援する、と同氏は付け加えます。 DPC市場はまだ発展途上であり、多くの企業がこのコンセプトを導入したばかりだとウィリアムズ氏は言います。そのため、製品需要の伸びを予測することは困難です。 「多くの管理ツールを持つだけではデジタルビジネスのニーズに応えるのに不十分だという認識が広がっています。クラウドへの移行ではこの問題は解決できないのです」とウィリアムズ氏は説明します。 デジタル技術がDPCへの関心を高める ガートナーの調査によると、クラウドへの移行が完了しても、デジタルインフラストラクチャの平均30percentがオンプレミスに残ります。「つまり、管理すべき複雑さが減るどころか増えているのです。1つの環境や機能だけに特化した管理ツールは、それだけでは対応できないのです」とウィリアムズ氏は言います。 デジタル技術に対する需要の高まりが、DPCの需要を促進すると予想されています。ガートナーの「2023年取締役向けサーベイ:不確実性の高い世界におけるビジネス戦略」では、過半数のリーダーが2023年と2024年の戦略的優先事項としてデジタル技術への取り組みを挙げています。 「こうした取り組みは、オンプレミスのシステム、クラウドサービス、コロケーション施設をただ利用することだけではありません。取締役会が期待する結果を出すためには、全員が協力しなければなりません」とウィリアムズは述べています。 ガートナーは、コスト削減、リスク管理、ビジネス調整の改善など、DPCツールの魅力的なユースケースがまず現れると予測しています。「これにより、エンドユーザーの関心がさらに高まり、DPCツールを開発するベンダーも増えるでしょう」とウィリアムズ氏は言います。 DPCベンダーの選び方 DPCツールを使ってインフラストラクチャを管理する能力を向上させようとする組織は、オンプレミス、クラウド、エッジのインフラストラクチャにまたがる包括的なビューを必要とするクラウド移行など、現在のビジネス上の問題を特定してツールを選択すべきだとガートナーは指摘します。 DPCツールへの投資を成功に導くためには、企業は補完的なIT管理機能が整っているか、あるいはDPCツールベンダーから取得できるかを条件とする必要もあります。 さらに、契約期間の制限、他のIT管理ツールとのカスタム統合ではなくアプリケーション プログラミング インターフェース(API)の使用、主要なハイブリッド デジタル インフラストラクチャ管理のペインポイントに対処できる新しい機能のモニタリングなど、DPCツールの実装には柔軟性を維持する必要があります。...