デジタルプラットフォームコンダクター、ハイブリッドネットワークの管理をサポート – Nexus Vista

企業が直面するテクノロジーにおける最大の課題の一つは、複数のクラウドサービスやプロバイダ、オンサイトのデータセンターエッジシステム、その他のコンポーネントを含む、複雑化する環境を管理することです。

新しく生まれたソリューションは、クラウド管理データ、エッジシステム、オンプレミスのインフラストラクチャを活用し、環境の全体像を把握し、ビジネスワークロードのフローを改善し、コストを削減し、プロセスを合理化するための提案を行うオーケストレーションツールです。

デジタルプラットフォームコンダクター(DPC)は、ガートナーがこれらのツールを説明するために作った造語です。

デジタルプラットフォームコンダクターとは

「デジタルプラットフォームコンダクター ツールは、アプリケーションやデジタル製品の基盤となる技術やサービスを計画、実装、運用、モニタリングするために使用されるハイブリッドのデジタルインフラストラクチャ管理ツールを調整します」と、ガートナーのリサーチ部門バイスプレジデント、ロジャー・ウィリアムズ氏は言います。

DCPによって、インフラストラクチャと運用のリーダーは「使用されている環境やその所有者に関係なく、インフラストラクチャとそのビジネス価値への貢献を包括的に把握することができます。これにより、戦略的意思決定へのインプットが提供され、インフラストラクチャから最適な価値を得ることができます」とウィリアムズ氏は説明します。

DPCツールは、モニタリングシステム、ITサービス管理(ITSM)、クラウド管理、セキュリティ ツールなど多くのソースから情報を収集し、企業インフラの首尾一貫したビューを作成するとウィリアムズ氏は言います。

「このデータにより、企業の目標や制約に関する情報が提供されるとともに、DPCツールがワークロードの配置を改善するための有望な領域を特定できるようになります」とウィリアムズ氏は語ります。そして、DPCツールは「統一された入力のセットを、意図した効果を実現するために必要な他の管理ツールに接続する」ことによって、改善点の実装を支援する、と同氏は付け加えます。

DPC市場はまだ発展途上であり、多くの企業がこのコンセプトを導入したばかりだとウィリアムズ氏は言います。そのため、製品需要の伸びを予測することは困難です。

「多くの管理ツールを持つだけではデジタルビジネスのニーズに応えるのに不十分だという認識が広がっています。クラウドへの移行ではこの問題は解決できないのです」とウィリアムズ氏は説明します。

デジタル技術がDPCへの関心を高める

ガートナーの調査によると、クラウドへの移行が完了しても、デジタルインフラストラクチャの平均30percentがオンプレミスに残ります。「つまり、管理すべき複雑さが減るどころか増えているのです。1つの環境や機能だけに特化した管理ツールは、それだけでは対応できないのです」とウィリアムズ氏は言います。

デジタル技術に対する需要の高まりが、DPCの需要を促進すると予想されています。ガートナーの「2023年取締役向けサーベイ:不確実性の高い世界におけるビジネス戦略」では、過半数のリーダーが2023年と2024年の戦略的優先事項としてデジタル技術への取り組みを挙げています。

「こうした取り組みは、オンプレミスのシステム、クラウドサービス、コロケーション施設をただ利用することだけではありません。取締役会が期待する結果を出すためには、全員が協力しなければなりません」とウィリアムズは述べています。

ガートナーは、コスト削減、リスク管理、ビジネス調整の改善など、DPCツールの魅力的なユースケースがまず現れると予測しています。「これにより、エンドユーザーの関心がさらに高まり、DPCツールを開発するベンダーも増えるでしょう」とウィリアムズ氏は言います。

DPCベンダーの選び方

DPCツールを使ってインフラストラクチャを管理する能力を向上させようとする組織は、オンプレミス、クラウド、エッジのインフラストラクチャにまたがる包括的なビューを必要とするクラウド移行など、現在のビジネス上の問題を特定してツールを選択すべきだとガートナーは指摘します。

DPCツールへの投資を成功に導くためには、企業は補完的なIT管理機能が整っているか、あるいはDPCツールベンダーから取得できるかを条件とする必要もあります。

さらに、契約期間の制限、他のIT管理ツールとのカスタム統合ではなくアプリケーション プログラミング インターフェース(API)の使用、主要なハイブリッド デジタル インフラストラクチャ管理のペインポイントに対処できる新しい機能のモニタリングなど、DPCツールの実装には柔軟性を維持する必要があります。

ガートナーによると、市場が成熟していないため、企業にはいくつかの課題があります。その一つは、DPCという言葉の新しさゆえに、ベンダーが自社のDPCツールをDPCツールとして分類していないことです。また、DPCのすべての機能を使いこなすためには、複数のツールやバンドルの購入が必要な場合があります。そうすると、望んでいない機能も含まれることは避けることができない可能性があります。

さらに、ベンダーが販売するDPCツールは、購入者が期待する価値を提供するに値するすべての機能に対応していない可能性があります。これらの製品の購入を検討している企業は、各ベンダーが提供するDPCツールは機能や重視する分野が異なるために、比較が困難であると感じる可能性もあります。

一部のDPCベンダーとその提供内容

ガートナーによると、何らかの形でDPC製品を提供しているベンダーは10社程度あります。そのうちのいくつかをご紹介します。

  • Flexera:Flexera Oneプラットフォームは、SaaSやコンテナを含むオンプレミスやクラウドサービスで組織のIT環境内のアセットやリソースを検索、特定、カタログ化します。Flexeraの製品管理担当バイスプレジデントであるスティーブ・シュミット氏によると、このシステムは使用量とコストのモニタリングと最適化を行います。

例えば、このプラットフォームはソフトウェアとSaaSライセンスの使用を調整して最適化し、ワークロードを評価し、IT環境内でのワークロードの配置オプションを推奨し、エンドユーザーがセルフサービスメカニズムを通じてITリソースを要求できるようにします。

Flexera Oneは、他のIT管理システムと統合して情報を共有し、より最適にします。これには、より質の高いアセットデータをITサービス管理構成管理データベースに提供したり、ライセンシングデータをアプリケーションパフォーマンス管理ツールに提供して、ワークロードの配置をさらに最適化したりすることが含まれるとシュミット氏は説明します。

  • Oomnitza:ITのためのビジネスプロセスの自動化を提供するDPCプラットフォームを提供し、150以上のハイブリッド デジタル インフラストラクチャ ツールと統合して、組織の既存のエンドポイント、アプリケーション、セキュリティ、ネットワーク、クラウド インフラストラクチャ システム全体のワークフローを調整します。

このプラットフォームはSaaSとして提供され、エージェントレス統合、ローコードワークフロー、自動化を提供する、とOomnitzaの共同設立者であるラーミン・エティハド氏は説明します。同氏によると、企業はOomnitzaのDPCを利用して、従業員のオンボーディング、オフボーディング、SaaS管理、リフレッシュ予測、クラウド最適化、監査準備、セキュリティギャップの緩和などのITプロセスを自動化することができます。

  • Virtana:同社のMulti-Cloud Perception Platformは、組織のハイブリッドインフラストラクチャのトポロジーの健全性とパフォーマンスの統合ビューをリアルタイムで生成します。

「このビューの中で、お客様は高い可用性を維持しながら、問題を反応的かつ能動的に診断できます」と、同社の製品責任者であるジョン・シール氏は言います。Virtanaは、自社のプローブ技術、統合、オープンAPIなど、多くのソースからリアルタイムに収集することでこれを実現しています。

このプラットフォームは、人工知シグナル信号を意味のある分析情報とアクションに変えることができます。プラットフォームのこのオープン性により、Virtanaは企業がすでに導入している他のツールと統合することができ、「まるごと入れ替える」必要性を回避できるととシール氏は述べます。

DPCを使用して企業をサポートするマネージドサービスプロバイダ

DPCの展開は、企業の事業運営に大きな影響を与える可能性があります。

企業のワークロードのクラウドへの移行、ITアーキテクチャの設計と実装、顧客のIT環境の管理をサポートするITマネージドサービスプロバイダ(MSP)のPinnacle Know-how Companions(PTP)は、複数の環境を管理する能力を向上させるためにOpsRampのDPCプラットフォームを使用しています。

「アプリケーションのサイロ化、インフラストラクチャの可視化、運用の成熟度といった課題に対処するために、多くの企業がDPCモデルに移行しています。MSPとして、PTPの課題は非常によく似ていましたが、多くのお客様が多様なインフラストラクチャをお持ちのため、その難度は倍増していました」と、PTPのマネージドサービス担当バイスプレジデントであるリック・ピトケアン氏は言います。

同社は、運用の観点から顧客環境をモニタリング、管理、維持するために従来のツールを使用していたため、アプリケーションのワークフローやエンドツーエンドのパフォーマンスをほとんど可視化できていませんでした。

「複数のシステムやツールにより多くのイベントがオペレーションセンターに送り込まれ、アラートやイベントの乱立を招いていました。アラートやイベントの相関処理は複数のツールで手作業で行われていたため、トリアージと修復には大きな負担がかかりました。当時は、これらのツールを統合し、データを単一のプラットフォームに引き出す能力が限られていたのです」とピトケアン氏は振り返ります。

具体的には、お客様はさらに多くのワークロードをAmazon Net Providers(AWS)クラウドに移行するようになっており、PTPは従来のツールをAWSと統合することができませんでした。「そのため、クラウドの運用面は脆弱な状態でした。当社のチームは、クラウドイベントに対応し、クラウドパフォーマンスとコストを最適化し、すべてのクラウド資産と顧客の全体像を把握するための重要なデータを取得できなかったからです」とピトケアン氏は言います。

PTPは、IT運用管理のためのOpsRampプラットフォームを実装し、同社が顧客のために管理するアプリケーションと重要なサービスの可用性に関するサービスマップを含む、IT資産とそのパフォーマンスに関する単一のビューが提供されるようになりました。また、イベント管理と相関関係、運用レポート、システムのヘルスチェックにもこのプラットフォームを使用しています。しかし、実装には大変な労力を要しました。

「これは大仕事でした。基本的にそれぞれのお客様をもう一度オンボーディングさせる必要があったからです。展開では、それぞれのお客様に新しいゲートウェイを設置し、新しいプラットフォームに接続するためのデバイスの再設定やエージェントのインストール、さらにはチームのトレーニングも行ったため、かなりの時間がかかりました」とピトケアン氏は語ります。

苦労した甲斐はありました。「現在では、(オペレーション)管理を1か所で行えるようになりました。その結果、アラートやノイズが85percent以上削減され、チームは根本原因をより早く特定し、サービスマップと相関関係に基づいて

インフラストラクチャやアプリケーションの障害を修復できるようになりました」とピトケアン氏は言います。

また、PTPはお客様への運用レポートやヘルスチェックの提供にかかる時間を短縮し、トレンドやパフォーマンスのベースラインを特定することで、お客様のITに関する意思決定を支援しています。

「DPCを実装し、クラウド最適化やセキュリティプラットフォームと統合させることで、すべてのお客様やお客様のAWS/Microsoft Azureリソースの使用状況、セキュリティ体制のギャップを特定できるようになりました。当社はこの重要なデータを見直し、毎月お客様とお会いして、コストの最適化とセキュリティのベストプラクティスの実装を行っています」とピトケアン氏は説明します。

経済状況によって向上しているDPCの魅力

ベンダーによると、DPCへの関心は高まっています。「DCPについて話す顧客はますます増えていますが、DCPをすべてのツールに取って代わる単一のツールとして考えているわけではありません。「DCPツールは、今すでにあるものに『プラスアルファ』するものであり、その上に重ねてオーケストレーションし、オペレーションモデルとしてすでに存在するものの多くを活用できる可能性があります。多くのお客様は、バラバラだったチームを共通の概念でまとめることで、より効率的に仕事ができるようになると考えているようです」とシール氏は語ります。

「DPCを全体的に見ているのは、大半が先見の明のある経営幹部であり、多くの企業は構成要素を別に考えています。技術ベンダー間の利用状況を最も把握している企業は、ITへの無駄遣いが最も少ない企業でもあるため、関心が高まっているのです」とシュミット氏は付け加えています。

「テクノロジーの目録と分類はDPCのあらゆる部分で基礎となるものであり、コスト管理は、戦略的イニシアチブに資金を供給し、より少ないコストでより多くのことを行うための重要な手段です。厳しい経済情勢が、需要をさらに押し上げるでしょう。当社はガートナーと同じ意見です。企業が物事を包括的に理解できるようになれば、さらなる成功につながると考えています」とシュミット氏は述べています。

市場成長の鍵となるのは、データのサイロ化ではなく、クラウドからオンプレミスまで、ハイブリッドIT環境全体でデータを集約することだとシュミット氏は言います。「データが、ITサービス管理、IT運用管理、セキュリティ、調達、IT財務管理、企業アーキテクチャなど、幅広いIT管理ソリューションに再利用されることを期待しています」と同氏は述べます。

Oomnitzaでは、DPCの需要がユースケースの数とともに確実に急増しています。「これは、企業が複雑なITワークフローを合理化し、効率性を高め、手作業やチケットの数を削減するのに役立ちます。IT予算が逼迫し、スキルを持った人材が不足するなか、あらゆる業種の企業が自動化を受け入れ、IT運用を改善するためにDPCソリューションの実装を検討しています」とエティハド氏は言います。

現在のマクロ経済状況は、セキュリティ、コンプライアンス、IT財務効率を改善するために、複数のシステムやチーム間で従業員のITオフボーディングなどのワークフローを調整し、自動化することをITリーダーに強く求めている、とエティハド氏は述べます。

「解雇が相次ぐなか、圧倒的な割合の既存顧客や見込み客が当社のDPCソリューションを実装し、[オフボーディング]プロセスをオーケストレーションしています」と同氏は言います。

自動化は、ビジネスのあらゆる側面で効率性を向上させる中核的なソリューションと考えられているとエティハド氏は説明します。「企業は、現代のIT部門における自動化を進めるためにDPC技術に期待するようになるでしょう。そのため、経営幹部や実務担当者がすぐに使える主要なビジネスプロセスの自動化テンプレートがDPCツールによって提供されるようになることが期待されます。スキルを持った人材が不足するなか、DPCツールは、ITチームや事業部門が自動化されたワークフローの展開を加速させ、価値実現までの時間を短縮できるよう、ノーコードまたはローコードのエンジンを提供しなければならなくなるでしょう」と同氏は述べています。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *