Day: June 10, 2024

SAPの顧客、S/4HANAとAIをデジタル変革の最大の推進力と見る – Nexus Vista

クラウドへの移行とデジタル変革への緊急性を感じ、SAP ユーザーは転換期を迎えようとしている。スキル不足とデータの制約が成果に影響を及ぼす可能性がある。 最大のプレッシャーの要因となっているのは、2027年にSAP Enterprise Suite 7のメインストリーム保守が終了し、後継製品であるSAP S/4HANAへの移行に2年間の猶予が与えられることと、AIなどの新技術を取り入れたいという要望の2つである。これは、今年初めに米国SAPユーザーグループが発表した「2024年SAP顧客調査の動向」で大きく取り上げられた。 「生成型AIの出現や、GoogleプラットフォームのGemini、SAPのJoule、MicrosoftのChatGPT、Copilotなどを見てみると、すべてはこれらの新しいAIモデルと新興AIモデルに関わっている」と、ASUGのCEO兼チーフコミュニティチャンピオンであるGeoff Scott氏は、ASUGのリサーチディレクターマリッサ・ギルバート氏とのポッドキャストの対談で述べた。 「彼らが飽くことのない欲求を抱いているのは、データだ。これらのモデルに長期にわたって優れたパフォーマンスを発揮させたいのであれば、デジタルトランスフォーメーションが必要だ。 そして、SAP 顧客のそうした意欲は高まっており、ASUG 会員の48percentが S/4HANA への移行を最優先事項として挙げている。2023年の42percentから増加している。SAP の S/4HANA ERP ソフトウェアは2015年に初めて発売され、2024年現在、ASUG 会員の47percentがすでに使用しているか、導入プロセスを開始している。また、調査では、69% が 2 年以内に S/4HANA を導入する予定であることがわかった。...